企画書

出版企画書のキホン。

こんにちは。
編集プロデューサーの渡邉理香です。

 

今回のブログは出版したいな、と思っている人向けで、出版企画書の書き方についてのトピックです。

今回、特別に!出版社の人間に目に留めてもらえる企画書のヒントを、お伝えします。

出版企画書に必要な項目は以下です。

1)書籍タイトル
2)著者紹介(プロフィール)
3)企画意図
4)読者ターゲット
5)目次・構成案
6)販促案
7)類書研究
8)書籍体裁

・・・がいちおうは基本です。

で、これをいかにうまく書くかにかかってはくるのですが・・・。

ただ、まず前提として必要なのは、企画書の書き方をどうするか、というテクニカルなものよりも…

>どんな実績があって
>何のテーマで、どんな本の企画書を書くか

という、「本質」が実は重要なのです。

あとそれが、

出版社と読者のニーズにそっているか

というのが、最大にクリアするべき壁です。

とくに、ビジネス書や実用書の場合、大切なのは

著者が何をやっている人か
その実績はどれくらいのものなのか

です。

たとえば、

自分の仕事(事業)の専門はウェブなのに、
「映画の批評本かきたい!」

っていったって。

はあ!?

ということになります。

映画の批評家ですか?あなたは?

となりますよね。
プロでもないのに、読者が信頼してあなたの本を買うかな?
あなたの批評を読むかな?賞賛するかな?

というところなんです。

だから、基本は、

書籍のテーマと著者の実績は「イコール」にすることが基本中の基本、です

この点はまず覚えておいて欲しいと思います。

また、出版企画書の詳しい書き方や、出版に向けての準備を網羅したメルマガを配信中です!ご登録いただくと、文と動画で詳しく解説いたしておりますので、ぜひこちらも登録くださいね。
本が出せる私に変わる!商業出版7つのステップ・無料メール講座